別れから、考える。Thinking from goodbye.

 

高校2年次にニュージーランドに留学していたときの友人が帰国するということで、羽田空港まで見送りに行ってきました。そこで考えさせられたことについて、今日は書いていきます。

Went to Haneda International Airport, for one of my friend’s departure (going back) to New Zealand. I will write what it made me think about.

 

夕食を一緒に食べて、お土産を選んで、ペチャクチャ喋っていたら、あっという間に搭乗時間になってしまいました。

Having dinner together, picking souvenirs, and talking on and on- these made time go fast. Boarding time came earlier than I thought.

 

その友人を見送った後に、それまで当たり前に過ごしたひとときが、急に恋しく感じられ、改めて「惜別」とはこういうことであるのか、と学びました。

After seeing that friend off, all the moments we had spent for granted turned out to be something to MISS. Then I learned the meaning of ‘goodbye’.

 

私自身、SNSをよく利用するので、基本的に「別れ」の概念が薄れてるんですよね。いつでも、どこでも、繋がることが出来るからです。

I frequently use SNS so…. the concept of ‘goodbye’ seems to have been faded. Because, you know, we can be connected nearly anywhere.

 

故に、今日感じた「行ってしまった感」は久しぶりでした。本当の別れとは、顔と顔で会った後に初めて訪れるのだと気付きました。

I haven’t felt sense of someone has ‘gone’ for a while. True goodbye comes after face to face communication.

 

たまには、こんな経験も良いですね。

価値のある時間でした。

Sometimes life brings moment like this.

It was an invaluable time.

 

Thanks:)

IMG_4371

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s