地球人-Inhabitant of the Earth-

 

唐突ですが、人間って、自分をどちらかに合わせようとすると苦しむそうです。例えば、私の様にハーフの場合。自分は一体何人に「属する」のか、という答えを求めて葛藤します。

 

It is said that humans suffer when they try to ADAPT (to either A or B ). For instance, let’s consider a mixed guy like I am. We might have a hard time finding the answer of ‘where we belong to’.

 

 

今日は、ハーフだからとか何人だからとかそういう枠組みにとらわれず、1人の「地球人」として生きる、ということを学んだ日でした。

 

Today I learned a new thing-  a way of living which identifies oneself as an INHABITANT OF THE EARTH.

 

 

誰もが未熟で、人生の中で完全に満たされることが無いと仮定した場合。「成功」という言葉の意味は変わってくるのではないでしょうか。それは、パズルのかけたピースを探し、埋めようとするのではなくて、その労力を「作り出す」そして他人に「与える」ことに注ぐ。こうなります。

 

What if everybody is imperfect and never to be fulfilled ? In that case, I think that the meaning of success can be different. It’s not about finding a missing piece of the puzzle and trying to make up for it, but about focusing on ‘creating new ideas’ and ‘sharing’ them to others.

 

 

これからは「モノ」ではなく人間の「価値」に投資する時代がやってくるようです。「社長」や「OO大学卒」など肩書ではなく、その人にどれだけの人間的価値があり、それがどれだけ多くの人の共感を呼び、更にはどれだけ他人を巻き込むか。そういったことが重視されるのかなと思います。

It is said that my age is the one in which we invest on human value. Instead of caring about ‘adjectives’ such as CEO or ‘graduating from OO university’, what matters is the value one person has, and its capability to appeal to others, plus involve others to work with.

 

 

そうすると、勉強する(いわゆる「学生の本分」)目的が変わってきませんか。終着点が一気により大きなもの(私もそこはまだ模索中ですが)になるのではないでしょうか。やはり、期待だとか義務だとかそういう「権力」はどうしても個人を支配しがちです。しかし、それに抗うわけでは無いですが勉強のベクトルを「個人」(そして、人生を豊かにすることの1ツール)に向けても良いなと感じました。

 

Considering something like what I wrote above, the purpose of study (so-called the ‘job’ of students) no longer follows the stereotype. The destination (I’m still figuring out, though) is enlarged. Well, forces such as expectation from others and obligation tend to dominate individuals. It doesn’t mean that I’m trying to oppose it, however, the attention of study can be paid more on individuals (rather than groups). Because study has a potential to enrich our lives !

 

 

勉強はあくまでも一例に過ぎませんが、普段当たり前にやっているようなことに対して、一度でもいいからそのゴールを考えてみることは非常に面白いです。そんなことを学んだ1日でした。

 

Although study is just an example, it’s pretty fun to rethink about the goal of what we take for granted. Life has given me another wisdom.

 

 

Thanks:)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s