自由の本質-The Nature of Freedom-

 

自由とは、何っすかね。

What is Freedom ?

 

恵まれた生活をしていると、あまり気付きにくいことだと思いますが。それがあまりに容易に得られてしまうから。

I think it’s kinda hard to realize when we have a wealthy life. It allows freedom to reach you easily.

 

今日のテーマは「自由≠自由」です。

Today’s topic is ‘Freedom does not exist in Free circumstances / environment’.

 

 

あなたは、自由と聞いたら、何を頭に思い浮かべますか。檻から解き放たれた白いハトや、虹や、好きなことだけをやれる、等々、イメージは人それぞれでしょう。

What comes to your mind when you hear the word ‘Freedom’ ? Freed Pigeons ? Rainbows? Or, being able to do whatever you want to do ? The image varies.

 

 

広辞苑で「自由」と引くと、こんな面白い意味がありました:

While I looked the word ‘Freedom’ in the dictionary, I found that it has an interesting meaning:

 

  • 哲学で、消極的には他から強制・拘束・妨害などを受けないことをいい、積極的には自主的、主体的に自己自身の本性に従うことをいう。つまり、「…からの自由」と「…への自由」をさす。 
  •  In philosophy, meaning ‘not being constrained by compulsion, restraint, and disturbance’ (passive definition), or ‘obeying one’s true character vigorously’ (active definition). In short, freedom stands for liberation ‘from something that you had to obey’, or ‘toward something that you had been prohibited from’.

 

 

簡単に言うと、邪魔されず、自分の好きなことが出来る、といった所でしょうか。憧れます(笑)ま、自分の本当に好きなことがある場合の話ですが。

It simply means you can do your favorite things without worrying. That makes me jealous. Lol. Well, only if you have something you really love to do, though.

 

 

でも、それを「自由」としてしまったら、何でもありの、利己的で、秩序のない世界を許容することになってしまいませんか。それ故に、私は、自由とは、秩序という「制限」があって初めて成り立つ概念だと考えています。

But wouldn’t we allow the chaos, selfish world where everything is accepted, if we consider that ‘freedom’ ? Therefore, I suppose freedom only exists within limits.

 

 

もっと深く考えてみましょうか。

Let’s dig it deeper.

 

 

私たちには、色々な自由が「一応」ありますよね。例えば、「思想・良心」の自由(「信教」の自由、「学問」の自由、「表現」の自由、「言論」の自由)。これらの自由は、本当にさも当たり前の様に存在しうるのでしょうか?あなたは、「言論」の自由があるから、といって他人を傷つける/傷つけうることを平気で言えますか。ってことです。

We have a range of freedom (in which we tend to take for granted). For instance, let’s see ‘Freedom of Thoughts‘(Freedom of ‘Religion‘, ‘Academic‘, and ‘Speech‘). Do all of these rights exist as ‘normal’ for us ? Would you say a word that hurts (maybe) others in the name of the ‘freedom’ you have ? That’s the question.

 

 

倫理(モラル)という防波堤がありませんか。「これ言ったらまずい(他人を傷つけうる、フェアじゃない、とか)」と思いとどまることがありませんか。これが私が「心の秩序管理センター」と呼ぶものです。そして、それは自由を成り立たせます。

Don’t we have a shield called Morality? Don’t we sometimes stop and think like “this would make somebody feel bad or it is unfair” ? That’s what I call ‘An institution in charge of organizing mental order’. And that forms up freedom.

 

 

結論として、自由とは、何かの制限もしくはコントロールありきであり、自由な環境もしくは状態の上に存在するものではないと思います。

In conclusion, I sense that freedom cannot exist without restriction or control.

 

 

こうやって自由に考えている私は自由なのでしょうか。多分それは思い込みで、もはや当たり前として気付かない「コントロール」があるのでしょう。私達は、何かしらの権力に縛られているからこそ、自由がある。斬新なアイデアですが、そう考える人もいるんですよ(笑)

Do I have freedom to say this? This can be what I’m forgetting about; there should be a hidden ‘control’. Only an authority allows freedom. It might sound weird, though, some people like me think that way. Lol.

 

 

Thanks:)

Advertisements

4 thoughts on “自由の本質-The Nature of Freedom-

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s