国際関係と恋愛の関係性 〜The Connection between International Relations and Romantic Relationships〜 

 

 

国際関係が戦争の原因についての学問であるのならば、恋愛関係とは人間の争いの原因を追究する「学問」であるべきだ―――

実は、国際関係と恋愛関係は深い繋がりがあります。

何故なら、共通項として、①献身②コミュニケーション③信頼 の3つを含むからです。

 

If International Relations is the study of the causes of war, Love Relationships should be ‘the study’ to pursue the reasons of human conflict―――

In fact, there is a strong connection between International Relations and Love Relationships; as a common factor, they contain: 1. dedication 2. Communication 3. Trust.

 

私の叔父が、とある記事を紹介してくれました。

8 Tips To Improve Your Relationship, Courtesy Of International Relations (あなたの人間関係をよくする8つのアドバイス〜国際関係のマナー〜) というタイトルのこの記事では、国際関係と恋愛関係が対比して論じられており、中々面白いものでした。

 

My uncle introduced me an article. Titled ‘8 Tips To Improve Your Relationship, Courtesy Of International Relations’, it compared both International Relations and Love Relationships, and was rather intriguing.

 

ここで、その8つの「アドバイス」を引用します:

Let me quote eight tips given in the article:

 

 

  • Say what you mean, and prove it. (あなたの本意を口に出し、それを証明する。)
  • Have an audience. (聴衆を持つ。)
  • Reciprocity is king. (交互作用が王である。)
  • But so is forgiveness. (結局は許してあげる。)
  • No disagreement is an island. (意見が合わないことは「島」である。)

 

             Disagreements are connected to each other; we can resolve them by           connecting them together. (意見の不釣合いには繋がりがある。私達はそれらを繋いでいくことで解決することが出来る。)

 

  • Careful, conflict is easily escalated. (気をつけるべし、争いは簡単にエスカレートしてしまう。)
  • The right third party can help. (第三者の権利が役に立つ。)  
  • Even symbolic stuff can make a difference. (象徴的なものが時には違いを作り出してしまうことがある。)

 

 

正直、全てを理解できるという訳ではありませんでしたが、一部「それな」と思う部分が幾つかありました。それらをここから紹介していきます。

To be honest, I could not wholly understand the content but there were few points on where I agreed. I will introduce some of them.

 

取り決めはそのルールに既に従っている国々のみを引き付ける...

これが国際関係の規則であるらしいのですが、このことを他のことに応用するとしたらどうなるか。

恐らく、ルールの内容によって人間の振る舞いも変わってくる、ということでしょう。例えば、新婚ホヤホヤの夫婦の場合、「週末の夜はどんなに忙しくても一緒に過ごす」と言う約束をしたとしましょう。そうすると、2人はそれを達成すべく飲み会の誘いを断ったりと、規則によって人付き合いが変わってくるのです。

このケースは、夫婦2人にとっては有意義なものかも知れませんが、周囲から見れば「何だこいつら」と受け止められるのでしょう。

 

Agreements only attract countries that are already following the rules…

This is said to be the principle of international relations. What if this is applied in other stuff ?

Well, I guess human behaviour is changed by the content of the rules. For example, let’s consider the case of a newly-married couple. They make a promise to ‘spend weekend evenings together however busy they are’. This has an effect in their lives such as cancelling an invitation to drink out. What I am saying here is that rules have the control over human relationship.

This type of ‘contract ’ might be good for a couple, on the other hand, others would find it strange.

 

それが妥当な解決策であると思わない限り、出ていくぞと脅かすな...

争いにおいて、両サイドは一方の側がいかに屈服に近づいたかを気にします。自分が片方よりも優越な状態にあることで、より多くの利益を得ようとするからです。

これは国際関係や対人関係の枠を超えて、人間の特性に対して言えることであると思います。

生まれつき人間は楽をしたい、と考えるらしく、これはビジネスで利益を求めるのと同じことです。私たちは元々最小限の努力をしたいと思っていて、怠け者でさえもそれに関しては結構頭を使うんです。同じように、ビジネスをやっている人は最大限の利益に固執します(そういう人もいます)。

ただ、「妥協」と言うことになると、どうなりますかね?

うーん...複雑じゃないっすか?

要は、本当にベストなソリューションを考えるべし、ってことでしょうか。

私はそう勝手に解釈しました。

 

Don’t threaten to move out unless you really think that’s the solution…

In a dispute, each side cares how close the other side has gotten to giving in. This is because one side tries to get more benefits by being in a position superior to another side.

I read somewhere that we are born as lazy thinkers. I think this is the same as how business persons seek profits. We naturally want least effort and even lazy persons use a lot of intelligence toward it. Similarly, a business person seeks to gain maximum profit.

But wait, what do we have in mind when it comes to compromise ?

It’s sophisticated, right ?

In short, the adage is that ‘you should think of the best solution’.

My interpretation is something like that.

 

1国のリーダー達や付き合いのある人々は両方共々、常にその人達の陣地が犯されることもしくは心を砕かれることを恐れているのだ。

マリーランド大学政治学部のサラ・クロコ教授はこう言っています。

要は、誰もが恐れを抱いている。それだけ人間は繊細であると言うことです。

このことを知っていると、議論している時に結論を導き易いかも知れません。あくまでも、私の個人的な感覚ですが。

 

Leaders of countries and people in relationships are both constantly wary of having their territories attacked or their hearts broken.

Sarah Croco, a professor of political science at the University of Maryland says.

This is in essence that everybody have some fear inside themselves- we are all sensitive. Knowing this can lead to a solution in a case of people arguing (Not for sure, though).

 

正直これを書いている自分も、何を考えているのであるか良く分かっていません(笑)

すこぶる抽象的な概念が脳内にフワフワしている、といった具合です。

今後、ゆっくりとこういった考えを理解してゆこうと思います。

 

Frankly speaking, I for myself don’t see what the heck I am writing about. LOL.

Very abstract ideas are floating in my head.

I hope I understand them as I get older.

 

Thanks:)

 

link for the article:

https://fivethirtyeight.com/features/8-tips-to-improve-your-relationship-courtesy-of-international-relations/

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s