時間とどう向き合うか〜How to deal with TIME in our lives〜

 

 

時間は、有限であるとよく言われる。

「時は金なり」。

アメリカの建国者の一人であるベンジャミン・フランクリンの言葉は、その価値を明確に言い表しているだろう。

ただ、時間は無限でもある。

なぜなら、私達はデザイン思考を学べば、時間などいくらでも創り出すことが出来るからだ。

It is often said that our time is limited.

Time is money.

This famous saying by Benjamin Franklin, one of the founding fathers of the USA clearly defines the value of time.

ON THE OTHER HAND, time can also be unlimited.

Design-Thinking allows us to create as much time as we want.

 

 

まず、デザイン思考とは何か。

あまり世に流通仕切っている言葉とは言い切れないので、解説したい。

一言で言うと、これは:

必ずしも解が1つではない課題に対し、実現可能な解を見出すことが出来る

考え方である。

なんじゃこれ(笑)

私なりの言葉に直して説明すると、要は、ソリューションが複数存在する問題の解決に繋がる頭の動かし方 となる。

日本の教育現場において、「問題発見・解決能力(の養成)」というフレーズをやっと聞くようになった近年ではあるが、このデザイン思考こそ、それとセットで重要となってくるものであると私は考えている。

First of all, what is Design-Thinking ?

This term is not wholly widespread, so I would like to explain what it is.

In short, it refers to:

The thinking which makes realistic solutions possible to those problems which contain multiple solutions.

Well, what on earth is that ?

Let me describe in my own understanding. Design-Thinking is:

One way to use our brains that leads to solving problems with several solutions.

These days, I hear phrases like ‘Problem-Finding’ and ‘Problem-Solving’ (skills) in Japanese Education ( *Japan lags behind other nations such as Finland ). In my opinion, this, Design-Thinking is what is going to be really important in the future.

 

 

デザイン思考には5つのプロセスがある。

①つ目は、「共感・理解」である。ここでは、現状を俯瞰することで解決したい/すべきファクターがあることを把握する。

②つ目は、「問題定義」である。ここは、私が最も重きを置きたい所である。

何故かと言うと、ここで、個々人の問題意識が集結し、問題解決の第一歩となる「解決(したい/すべき)課題がハッキリさせるからである。いかにその問題を巧みに言語化することが鍵となる。それによって、これからその問題と戦っていくにあたっての焦点が定まる。

③つ目は、「創造」である。問題解決の本当のスタートはここからとも言えるだろう。具体的にソリューションを考えてゆく。

④つ目は、「試作」である。③でアウトプットしたアイデアの中から使えそうなものを選び、実験してみる。これのメリットとして、頭では考えつかなかったポイントに気付ける、ということが挙げられる。

⑤つ目は、「検証」である。これは、試したアイデアが上手くいくまで改善し続けることである。この段階で諦めてしまう人は多いのだが、実際ここで差がつくと言っても過言では無いだろう。

There are five steps in Design-Thinking.

First one is ‘Emphathy&Understanding’. Here, we note the existense of want-to/shold solve factors, by looking from objective viewpoint.

Second one is ‘Defining Problems’. I would like to emphasize this part. It is because all individual awareness to certain matters are gathered, plus the subject to be solved (want to/should) becomes clear. The key to succeed in this step is to verbalize the problem. By doing so, you can set your focus (problem), as you are going to tackle it for a while.

Third one is ‘Creation’. This is the ‘real start’ of problem-solving. We think so we can come with some solutions.

Fourth one is ‘Making a Trial Product’. Selecting useful ideas from ideas brainstormed in third process, we make an experiment. This is good because we understand ideas which our ‘head’ couldn’t generate.

Fifth one is ‘Checking’. This means keeps on improving one idea which has already been tested, until it all works out. So many people give up here, but this point devides those who success and who do not.

 

 

こんな感じのことを、子供の時から知っていれば、将来間違いなく最強の大人になれるのでは、何て私は勝手に妄想している。

ただ、皆さんに伝えたいのは、時間に悲観的になることは無い、と云うことである。見方を180度変えてみれば、意外と時間は贅沢にあるものであるし、上手い使い方をすれば人生でもっと色々なことが出来るはずだ。

If one knows about this from childhood, how incredibly talented human resource would that person be in the future (adulthood) !!!! Sometimes I just imagine for myself.

One message that I want to deliver you is that we don’t have to be pessimistic with our times. If we change our mind, they are surprisingly abundant. If we use them well, we can do more in our lives.

 

 

私達の物欲を満たすお金の如く、時間とはとても便利なものである。

Just like MONEY which fulfills our material greed, TIME IS VERY USEFUL.

 

 

引用元リンク:『システム思考』と『デザイン思考』。賢い大人が実践する「問題解決」の技法。

 

 

Thanks:)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s