生き方 〜Facing my life〜

 

貧しくても、誠実に歩む者は、富んでいても、曲がった道を歩む者にまさる。(箴言28章6節)

 

Better is the poor that walketh in his uprightness, than he that is perverse in his ways, though he be rich. (Proverbs 28:6)

 

18歳にして、私は遂に自己の人生の意義と云うか、目的たるものを見出すことに成功した「気がする」。その功績に至るまでの道は、愛は何なのか、と云う問いから始まった。

そのすこぶる抽象的な概念を理解するべく、自問自答したり、他人に質問をぶつけたり、書物を読んだりしてみた結果、ある時、答えが突如として私の脳内に降臨した。

 

Finally, at the age of Eighteen, I FEEL LIKE I found out what I was born for.

The road to ‘this success’ started as I began to wonder what Love is.

I asked myself, others, plus read some books in order to understand the meaning of Love. As a result, an answer popped up in my mind.

 

それは、「犠牲」である。愛とは、犠牲の類義語である。

あなたは、何かの為に自分の命を投げ出せるだろうか。その勇気があるだろうか。言い換えれば、自分以外の人や物事の為にあなたは死ぬことが出来るだろうか。

 

That answer is sacrifice. Love is a synonym for sacrifice.

Can you give your life to something that you believe in. Are you courageous enough to do so. In other words, CAN YOU DIE FOR OTHERS, NOT YOURSELF.

 

同じ問いを自分自身にぶつけた時、私は自己が如何に弱い人間であるかに気が付いた。愛に

関して自分がこれまで語っていたことは虚構に等しく本質をついてはいなかった

 

Asking the same question made me understand how weak I am. All of what I’d been talking about live was maybe not to the point. Rather, it was fake.

 

私が生きている上での最高の自己実現(マズローの欲求5段階説を引用すると)は、誰かに尽くすこなのでは無いか。そんなことを、最近考えるようになった。

「誰かの幸せのために」、自分の時間や体力、時には知性を使う。そして、主語が「私」ではなく「あの人」だったり「この人」だったり、他人である。これが出来るようになって初めて、人生には成功と呼べるものがあるのでは無いだろうか。そこまでは、遠く、長い道のりの様に思える。

 

Recently, I’ve come to think that self-actualization (quoting Maslaw’s hierarchy of needs) is didication to somebody. ①You use your time, energy, and intelligence for the sake of others’ hapiness. ②Whenever you speak, your focus is on others, not yourself. By successfully doing these two things, I believe there’s a success in our lives. It seems like a long, long process.

 

前段落での思考を経て、私にとってのリーダー像はもはや「(極端なまでの)従者」となっていた。これは、「サーヴァント(献身的な)・リーダー」と呼ばれるものだ。世の人々はリーダー育成を豪語する割には、その多くがリーダーが本質的にはどんな存在であるのかを全く分かっていない様に感じられる。私が思うに、誰よりも仕事をし誰よりも利他的で、極めつけには誰よりも頭を垂れている人間が真のリーダーと呼ぶにふさわしい。

 

My view on ‘a good leader’ had changed.

The person who has a leadership is a servant, meaning that one is very devoted. That’s what I call a ‘Servant Leader’. Ironically, there are so many adults not knowing the nature of leadership role, while claiming the necessity for students to show initiatives in their learning. To my sense, a leader is a very sensitive person who works for others, and cares about others, more than anybody. Moreover, the sheer leadership rests in always kneeling oneself down.

 

リーダーとは従者のことを指し、愛とは(何かに対する)犠牲・献身のことを指す。そして、英雄とは、「頭を垂れる献身的な従者」のことを指す。ネルソン・マンデラ氏は、このことを彼の生き様から私に教えてくれた。

 

The word ‘leader’ refers to those who serves, and love stands for sacrifice/ dedication (for something/ somebody). And, a Hero/ Heroine is those ‘who puts oneself down and behave just like a servant’. Nelson Mandela showed its essence to me from the way he lived his life.

 

日本には、とても有名なことわざがある。

There is a really famous saying in Japan.

 

実るほど頭を垂れる稲穂かな。

The boughs that bear most hang lowest.

 

偉大な人間ほど謙虚であり、尊大さのカケラも無いと云うことである。

This means ‘the more noble, the more humble.

 

こんなにも真理をついた言い回しがあるとは...

Wow, what a phrase based on truth !

 

人格を鍛錬してゆきたいものだ。

Shall we teach our mind to be better ?

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s